Feature 03

ものづくり補助金

新たな設備導入や新商品の開発

生産性を向上させるために新商品開発や新システム導入を検討しているものの必要となる経費に関する不安を抱えている事業者様へ、それらの経費の一部を国が負担するものづくり補助金がございます。スムーズに申請を進め、問題なく交付を受けるためにも、専門的な知識を持つ行政書士がサポートいたします。どんなことも気軽にご依頼いただけるよう、オンラインでも対応しています。

ビジネスモデルの転換をサポート

日本のものづくり技術は世界に誇れるものもたくさんあり、そんな国の宝を守っていくための制度の一つとして、ものづくり補助金を実施しています。コロナや物価高、DX化など、ビジネスモデルの転換期を迎え、企業としての価値を守り続けるために、新たな一歩を踏み出すサポートをする制度です。今後も途切れることなく長く成長し続けるために国が支援を行っています。「自分は対象になっているのか」と疑問に感じている方は、行政書士に気軽にご相談ください。

申請対象かどうかのお悩みに対応

革新的な商品・サービス開発、生産プロセスの改善などに必要となる設備投資を支援する制度であるものづくり補助金は、様々な経費が対象となります。機械設置・システム構築費や運搬費、技術導入費など、事業としての発展に向けて必要となる経費を国が負担することで、安定企業を目指します。補助額は通常枠で100万円~1250万円となります。補助金に興味があり、申請対象となっているか確認したい方は、行政書士がサポートするため、気軽にご相談ください。

Access

アクセス

AI行政書士法人

住所

〒162-0856

東京都新宿区市谷甲良町2-19

JC Street Kagura1階

Google MAPで確認する
電話番号

03-6824-5165

03-6824-5165

アクセス

ご依頼はオンラインで承っているため、日本全国各地からのご利用を歓迎しています。対面での依頼を希望される方には、東京都内のみで対応しております。

※ご依頼の際は事前にご予約をお願いいたします。

生産性アップに向けたものづくり補助金

新商品の開発や商品の新たな生産方法の導入、新サービスの開発、サービスの新たな提供方法の導入などの取り組みをご検討されている企業へ向けたものづくり補助金という制度があります。有効活用することで生産効率アップに繋げ、結果として従業員に対して賃金アップに繋げていけるよう、3年から5年計画で取り組んでいける方に対して、補助金を支給しています。申請に必要となる書類作成について、行政書士が一からサポートいたします。正確かつスピーディーに進めるためのご相談を承ります。

Related posts

関連ページ